ゆるく楽しむ大学生活入門

大学を楽しみたいけどがっつり勉強、がっつりバイトみたいのは嫌だな~と考える大学生は多いと思います。

特に大学に入る前は不安がいっぱい。
大学生活は自由な時間が沢山増え高校時代とはまるっきり違います。
でも安心してください。
大学にはいってからやっておくべきことを今回まとめてみました。

これだけやっておけばオールオッケー☆
楽しい大学生活をおくりましょう!!

1. サークルに入ろう!!

大学に入ってまずやるべきなのはサークルに入ることです。
大学生活をどう過ごすかはここにかかっていると言っても過言ではありません。

友人関係から後輩先輩とのつながりなどサークルは人によっては今後の人生に大きくかかわってきます。
その為、いろいろ周り自分のやりたいことにはいるのがいいでしょう。

四月~五月は新入生を獲得しようと多くのサークルが新入生歓迎会を企画しています。
殆どの場合ただで美味しいご飯が食べられますので全く興味がなかったとしても一度行ってみるのもいいかもしれません。
案外生涯をかけての趣味が見つかるかもいれませんよ!!

2. 情報収集をしよう

大学に入って次にやらなければならないのが、履修を組むことです。
これを間違えてしまうと四年で卒業できなかったり、もう一度同じ授業を取らなければいけなかったりと今後不都合が起きてきます。

履修を組むうえで大切なのは次の三つ!!

  1. まじめな友人を作る
  2. 先輩や履修相談所で履修を組むのを手伝ってもらう
  3. きちんとバランスよく履修を組む

・まじめな友人をつくる

大学によりますが、出席をとる授業があります。
この出席が単位取得に大変重要になってきますので、まじめな友人を作っておくと今日出席ある?など聞いて出席を落とさずに済みます。

また、テスト前にノートやプリントを印刷させてくれるかも。
その時はきちんとなにかお礼としておごりましょう。
じゃないと二度と貸してくれなくなります。

・先輩や履修相談所で履修を組むのを手伝ってもらう

授業には簡単に取得できる単位と出来ない単位があります。
先輩方は去年それらの授業を取っているため、何が楽で何が大変かをしっかり知っています。
別に隠すものでもないので簡単に教えてくれますので、聞いてみるのがいいでしょう。

また、単位にはここの乱欄(専門教育科目など)から何単位取らないと卒業出来ないといった決まりがあることがあります。
折角必要単位を取り終えたのに条件を満たしてないから卒業出来ないなんて悲しすぎます。

もし自分でやるのが難しいようでしたら、事務室の事務員さんに手伝ってくれないか聞いてみるのもいいでしょう。

・きちんとバランスよく履修を組む

履修を組む上で大切なのがバランスよく履修をくむことです。
はじめはやる気があって詰め込み過ぎると途中から疲れていけなくなってしまいます。
その為、バランスよく散らし、休息をとれるようにしましょう。